記事の検索はコチラ
 
Web サイト内

2007年03月20日

産科存続求める6万人分の署名提出

最近ネットで産婦のサークルをいくつか見かけますよね。
同じような産婦仲間がいれば、少しは安心ですものね。

塩山市民病院:産科存続求める6万人分の署名提出 甲州の団体が市長に /山梨
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000076-mailo-l19

甲州市の母親らで作るサークル「子育てネットこうしゅう」が19日、民間の塩山市民病院(同市塩山西広門田、沢田芳昭院長)の産科存続を求める6万人分の署名を田辺篤市長に提出した。


 同市などによると、同病院は産科医が確保できなくなるとして9月いっぱいで産科をやめる方針を示した。

地元の母親らが2月からサークルを作り署名集めを開始。地元スーパーにメンバーが立ったり、県外在住の同市出身者や知人らに依頼して集めた。

さらにサークルのネットを見た全国の賛同者が署名を寄せ、2カ月足らずで6万人に達した。

この日はメンバーら約15人が甲州市役所を訪れ、早乙女修一発起人らが田辺市長に存続への働き掛けを要請した。


 田辺市長は「助産婦数が多く出産時のケアが充実している特徴があり残したい。署名を重く受け止め全力で国や県や病院に存続を働き掛けたい」と述べた。

13日に田辺市長らが県に要請しており、署名は市が改めて県に提出する。【富田洋一】
posted by ちびママ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。