記事の検索はコチラ
 
Web サイト内

2007年04月27日

「マザーズルーム」を来月開設

「マザーズルーム」を来月開設 丹後市立弥栄病院の助産師外来
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000050-kyt-l26


京都府京丹後市立弥栄病院は設立の準備を進めてきた助産師外来「マザーズルーム」を5月7日から開設する。

助産師が、妊産婦の検診のほか、保健指導や各種相談などを担い、医療サービスの充実と産婦人科医の負担軽減を目指す。

 府北部での助産師外来の設置は、舞鶴医療センターに次いで2カ所目。

助産師13人が開設に向けて、京都市内や大阪府内の開業助産院や、弥栄病院の産婦人科医のもとで研修を重ねてきた。

 受診の対象は、医師が正常と診断した21週以降の妊産婦。

内容は▽健康診査(超音波検査、問診、内診ほか)▽出産・育児準備や生活・食事指導▽母乳に対するケア−など。

通常の検診よりも時間をかけることで妊産婦との信頼関係を築くとともに、専門性を発揮して産婦人科医の過重労働も減らすという。

 主任助産師の田末かつ江さんは「妊産婦の悩みや不安を取り除き、安心感を与えられる憩いの場にしたい」と話す。

 開設日時は毎週月曜、木曜の午前9時−正午と午後1時半−4時半。

検診料は1回3500円。問い合わせは
弥栄病院Tel:0772(65)2003へ。
posted by ちびママ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40216681

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。