記事の検索はコチラ
 
Web サイト内

2007年06月18日

概説

QOLにはさまざまな場面があるが、基本的には性科学は、「通常の」夫婦の結婚生活における性生活の健康と豊かさを実現しようとする技術的な学である。

それ故、男女のあいだの性行為における身体的・心理的な充足やクオリティ(質性)の実現を学の目標としている。

また、結婚していない男女のカップルのあいだの性的関係の質の向上なども主題とする。

性行為が理想的に達成され、パートナー双方が身体的・心理的な喜びや満足・快感を得ることが学の目標である。

性行為に関わる身体器官(生殖器官)の十全性や、性の生理機構、また心理的な調整の技術を研究すると共に、身体・心理、いずれの場合でも、障害や不全性があるケースにおいて、これを補完し、性の医療技術や心理療法によってクオリティを高めようとする。

性行動を行う期間が生殖期間に比べて長いことはヒトの特徴の一つであるが、不妊等の研究と比較すると、楽しみとしての性に関する研究はタブー視されがちであった。

しかし国民の平均寿命が伸び少子化により生殖期間が短くなった現代日本では、この種の研究分野の活性化が求められている(石濱、1998)。
posted by ちびママ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 性についての知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44723387

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。