記事の検索はコチラ
 
Web サイト内

2007年03月23日

元ハロプロ平家みちよさんがおめでた&結婚

妊娠と結婚おめでとうございます。
すごくめでたいので嬉しいですね黒ハート
末永くお幸せにぴかぴか(新しい)


元ハロプロ平家みちよが妊娠、結婚
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000053-nks-ent


「平家みちよ」から改名した歌手のみちよ(27)が結婚することが22日、分かった。相手は一般人で、現在妊娠中。

今秋に出産予定。自分の公式ブログで「みちよはかねてよりお付き合いしていた方と結婚する事になりました。

業界の方ではありませんが、みちよの活動をとても理解し応援してくれている方です」と発表した。

 みちよは97年にテレビ東京「ASAYAN」の「シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション」で優勝。

「平家みちよ」としてデビュー。

優勝を逃したメンバーで結成されたモーニング娘。らと共にハロー!プロジェクトで活躍。

04年3月にみちよと改名し、シンガーソングライターとして活動していた。
posted by ちびママ at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

お猿の国:子ザル、早誕生

お猿の国:子ザル、早誕生 ベビーラッシュ間近−−土庄・銚子渓自然動物園 /香川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000237-mailo-l37

土庄町の銚子渓自然動物園お猿の国で、赤ちゃんザルが誕生した。

お母さんザルにしっかりと抱かれながらお乳を飲んだり、時折、丸いつぶらな瞳を動かしたりする可愛い仕草に、観光客らが目を細めて見入っている。

 お猿の国では、「団十郎」が率いるA群(約300匹)と「トラ」がボスのB群(約200匹)に分かれて行動。

A群は、18日夜から19日朝にかけて今年初めての赤ちゃんが生まれたが、B群でも21日朝、第1号の赤ちゃんを確認した。

体長20センチほどで性別はまだ不明だが、半月くらいで歩けるようになるという。

 毎年3月中旬から5月末ごろまでに約50匹の赤ちゃんが誕生しており、もうすぐベビーラッシュとなりそう。
【秋長律子】

posted by ちびママ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速水もこみち君の弟が急上昇

速水もこみち君の弟って見たことないちびママです。
皆さんを見たことありますか?
まあでも、もこみち君や弟の表久禎(おもてひさよし)君もこれからも、がんばってほしいですね。


ヤフー検索ワードランキング〜俳優・速水もこみちの弟が急上昇
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000031-rbb-sci

ヤフーは、恒例の検索ワードランキングを発表した。

2007年3月12日〜3月18日の期間にYahoo! JAPANで検索された単語を分類し、1位を100ポイントとして2位以下の割合を算出している。

 急上昇検索ワードランキングの1位は、俳優・速水もこみちの5歳年下の弟「表久禎(おもてひさよし)」(100.0ポイント)がトップとなった。

都内の高校に通う高校2年生だが、予備校のCMキャラクターで本格的に芸能活動を開始した。

身長182cmの長身と兄似の甘いマスクで活躍しそうだ。

2位は自民党・佐藤ゆかり議員を電話で脅迫したとして削蹄師の男が逮捕されたことで「削蹄師」(71.6)。

農家や牧場を回り、牛や馬の蹄を削って整える仕事だ。

そして3位は、前輪格納扉のトラブルで、高知龍馬空港に胴体着陸した全日空機「ボンバルディアDHC8」(50.7)がランクインとなった。

4位は俳優・前川泰之と結婚し、現在妊娠4か月であることを発表した「政井マヤアナウンサー」(42.8)。

そして5位は友人である女優・西尾まりが2005年に結婚し、現在妊娠6か月であることを妊婦姿の写真とともに掲載したことで女優・ともさかりえのブログ「ともさか日記」(25.5)がランクインとなった。

以下 6位「リチャード・ジェニ」、7位「鈴木ヒロミツ」、8位「エンセラダス」、9位「黄金の兜の男」、10位「スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ」となった。

 「Yahoo!動画検索」の急上昇検索ワードランキングは、1位「gam」、2位「レッツゴー陰陽師」、3位「happy tree friends」、4位「堀北真希」、5位「胴体着陸」となった。

ニコニコ動画で火が付いたレッツゴー陰陽師人気。

今後どの動画サービスで注目を浴びるか要チェックだ。
posted by ちびママ at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

奈良の産科医師不足いつ補うことができるのか

一刻も早く医師不足がなくなればいいな。
そしたら赤ちゃんは無事に生まれ、母方も安心できちゃうわけだから、どっちもプラスになると思う。
では詳しい記事ニュースは下記のとおりです。


未来を託す:秒読みの’07知事選/4 周産期医療 /奈良
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000306-mailo-l29


 ◇環境整備、待った無し−−勤務医の自己犠牲の上に成立
 昨年11月の昼下がり。

県北部の産婦人科医院に、強い腹痛を訴え、顔面そう白の妊婦が来院した。

産科医が最も恐れる症状の一つ、胎盤早期はく離だった。

原因不明で、出産前に胎盤がはがれ、胎児への酸素が止まる。

胎児は既に死亡。

胎内の出血が妊婦の命も脅かしていた。

 男性担当医は、橿原市の県立医大病院に転送を頼んだ。

しかし満床で、同病院が代わりに探した天理よろづ相談所病院が引き受ける。

緊急手術。

母体は無事だった。

「あと1時間遅ければ母親も危なかった。あまり受け入れ例のない民間病院が、県内で収容してくれたのが救いだった」と担当医は振り返る。

だが、同年8月の大淀町立大淀病院の妊婦死亡問題がなければ、救えなかった命かもしれない。
  ×  ×
 大淀病院の問題以前、県は財政難などを理由に、母子の命にかかわる環境整備を先送りしてきた。

全国で8県だけが未整備の総合周産期母子医療センターは具体的計画さえなく、県内40床の新生児集中治療室(NICU)数は、県の周産期医療対策ワーキンググループに「全国ワースト1」と指摘されていたほどだ。

 貧弱な体制から、県内での重症妊婦の搬送先は県立医大、県立奈良(奈良市)の2病院にほぼ限られていた。

4割近くは、遠距離をおして県外へ搬送。

県医師会産婦人科医会が、わずかでも可能性がある天理よろづと近大付属奈良(生駒市)の民間有力2病院に受け入れ要請すると申し合わせたのは、問題発生の翌9月。

県も10月30日、両病院に協力強化を依頼したばかりだった。


 「大淀問題」以降、県は県立医大病院にNICU30床を増床し、総合周産期母子医療センターとして08年1月に開設すると表明した。

大阪府に対し、府内43病院の空床状況をオンラインで確認できる「産婦人科診療相互援助システム」への接続も求めた。

民間病院の協力も含め一定の動きがあった。
 だが経過は順調とは言い難い。

センター化に伴うNICU増床は、工事中に現在のNICUを移す場所が確保できず、県は10床増へ計画を縮小した。

大阪とのシステム接続も、府側は毎日新聞の取材に「加盟病院以外は府内の病院でも見られない。奈良県の接続は困難」と答えている。
  ×  ×
 「この1年、何回家に帰れただろうか」。天理市立病院では、唯一の常勤医、飯岡秀晃・産婦人科医長(50)が基本的に週7日当直をこなす。

3人いた常勤医のうち、1人が05年末に退職。勤務が過酷になり、もう1人も06年3月に去った。

現在は週2日、60代の非常勤医の応援があるが、当直はほとんど頼まない。

約10年前、別の年配の非常勤医が、当直明けに倒れたことが、脳裏を離れないからだ。

 県内の産科医は96年の102人から04年は94人に減った。

06年の県立五條病院、済生会御所病院に続き、今年4月には大淀病院も産科を休診し、県南部(五條市、吉野郡)で分べん施設がなくなる。

不規則な勤務や高い訴訟リスクを背景に、代わりが見つからない。

 思うように進まない環境整備、そして産科医不足。

飯岡医長が多くの産科医の言葉を代弁する。「現場は私たち勤務医らの自己犠牲の上に、どうにか成立しているんです」(つづく)
………………………………………………………………………………………………………
 ◇大淀病院の妊婦死亡問題
 昨年8月8日、五條市の高崎実香さん(32)が大淀病院で分べん中に意識不明に陥った。

県立医大病院、県立奈良病院の他、大阪府内の17病院でも受け入れが不能とされた。

約6時間後、国立循環器病センター(大阪府吹田市)に収容され男児を出産したが、高崎さんは8日後に亡くなった。

県内のNICUなど専門病床の不足や搬送システムの不備、さらには大阪府でも重症妊婦の受け入れが難しい現実を浮き彫りにした。
posted by ちびママ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産科存続求める6万人分の署名提出

最近ネットで産婦のサークルをいくつか見かけますよね。
同じような産婦仲間がいれば、少しは安心ですものね。

塩山市民病院:産科存続求める6万人分の署名提出 甲州の団体が市長に /山梨
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000076-mailo-l19

甲州市の母親らで作るサークル「子育てネットこうしゅう」が19日、民間の塩山市民病院(同市塩山西広門田、沢田芳昭院長)の産科存続を求める6万人分の署名を田辺篤市長に提出した。


 同市などによると、同病院は産科医が確保できなくなるとして9月いっぱいで産科をやめる方針を示した。

地元の母親らが2月からサークルを作り署名集めを開始。地元スーパーにメンバーが立ったり、県外在住の同市出身者や知人らに依頼して集めた。

さらにサークルのネットを見た全国の賛同者が署名を寄せ、2カ月足らずで6万人に達した。

この日はメンバーら約15人が甲州市役所を訪れ、早乙女修一発起人らが田辺市長に存続への働き掛けを要請した。


 田辺市長は「助産婦数が多く出産時のケアが充実している特徴があり残したい。署名を重く受け止め全力で国や県や病院に存続を働き掛けたい」と述べた。

13日に田辺市長らが県に要請しており、署名は市が改めて県に提出する。【富田洋一】
posted by ちびママ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

中西哲生さん&原史奈さん入籍&ご結婚おめでとうございます。

サッカー解説者の中西哲生(37)と女優の原史奈(25)が結婚することが15日分かったそうです。

とってもめでたいことですよね。改めて自分のことのように、嬉しく思います。

中西哲生さん&原史奈さん…ときに夫婦喧嘩をする事もあるだろうと思いますが、末永くお幸せになってください。本当に、心からお祝い申しあげます。


さて本題にに入る前に、少し話はそれるのですが、昨昨日はコメントくださった方、有難うございました。

では詳しいニュースは下記にございます。


中西哲生&原史奈が結婚へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070315-00000034-dal-ent

サッカー解説者の中西哲生(37)と女優の原史奈(25)が結婚することが15日、明らかになった。

連名のFAXで報告したもので、3月20日に婚姻届を提出する。挙式・披露宴は身内のみで行う予定という。

2人は02年にテレビのサッカー番組で知り合い、一昨年12月からスタートした交際を実らせての“ゴール”となる。


「3月のやわらかい日差しをうけ、私たちは入籍をすることになりました。これから人生を夫婦として一緒に過ごせることを心からうれしく思っています。

公私ともに成長していけるよう、より一層の努力をしていく所存です」-。2人はそう喜びをつづった。


 出会いは02年だった。

BS朝日の番組「サッカー2002」に、中西が解説者、原がアシスタントとして共演した。

当時、中西はタレントの辺見えみりと交際しており、原とは友達の関係。

しかし、その後、中西が04年に破局したころから急接近。

05年12月からは、それまで連絡を取り合う関係だった2人は交際を始め、06年2月には写真週刊誌で同せい愛が報じられていた。

昨年末プロポーズ プロポーズは昨年末、中西から。原も待っていた様子で、すぐに応じ、「2人にとっての“記念日”」(中西の所属事務所)という3月20日に婚姻届を提出することを決めたという。

原は妊娠はしておらず、今後も女優業を続ける。

 中西は同大から92年、Jリーグの名古屋グランパスエイトに入団しDFで活躍。

01年の引退後は解説者やキャスターとして活動する。

原は98年に女子高生制服コレクションのグランプリ受賞でデビュー。

グラビアアイドルとして活躍し、現在は女優として、昨年は映画「暗いところで待ち合わせ」などに出演した。
posted by ちびママ at 17:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

医師なら医師の責任をもて

医師になった以上、最低限の力を尽くしてほしいです。
医師不足とか言うけれど、医師不足なら何とかしてでもちゃんとして欲しいです。

これでは私たちの中で、産婦人科の医師の信用も無くなっていくと思うし、評判は悪くなる一方だと思う。

そうならないためにも、全力を尽くしてほしいなと思います。
では、今日こんなニュース記事を見つけたので、アップします。
さて、下記の記事についてみなさんは、どう思いますか。


問われる「日本一」:堀病院・無資格助産事件 女性死亡損賠で遺族が不信感 /神奈川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070315-00000117-mailo-l14

◇「問いたいのは体質」 安全管理に不信感−−第1回口頭弁論
 横浜市瀬谷区の「堀病院」で03年に出産した女性(当時37歳)が約1カ月半後に死亡したのは「初期治療が不適切だったため」として、遺族が担当医と堀病院に約8500万円の損害賠償を求めた民事訴訟で、女性の夫(44)は14日、横浜地裁で開かれた第1回口頭弁論後、「問いたいのは堀病院の体質」と語った。


 訴状などによると、女性は03年末、出産後に大量出血し、04年2月に多臓器不全で死亡した。

遺族側は「担当医が別の分べんで分べん室を離れるなどし、出血時の初期治療が不適切だった」と主張している。


 法廷の原告席に座った夫は閉廷後「出産後の出血管理が死に直結したと思う。出産や育児は非効率的なもの。

あの病院で(年間)3000人を取り上げているのは無理があると思う。

妊婦の安全が図られることが大事で、そのへんを含めて明らかにしていきたい」と語り、出産数「日本一」をうたう病院の当時の安全管理に強い不信感を見せた。


 堀病院をめぐっては県警が昨年11月、堀健一前院長(79)ら計11人を保健師助産師看護師法違反(無資格助産)容疑で書類送検。

横浜地検は2月、違法性は認めたが「産科医療の構造的問題」として全員を起訴猶予にした。

事件は、女性の夫が昨年6月、県警に相談をしたことが発端となった。【野口由紀】
posted by ちびママ at 13:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

責任を持ってほしいものですね。

今日の毎日新聞で、こんな記事を発見しました。
横浜市瀬谷区の産婦人科病院「堀病院」にて、2003年にある女性が赤ちゃんを出産後、死亡したということです。

原因は、「初期治療が不適切だった」とのことです。
不適切だったという医師が許せないです。

どうして責任を持って、最後まで産婦の処置をしなかったのか、ということです。
こんなんでは、本当に子供を産むのが、すごく不安ですし、「本当に大丈夫なのか。」と医師を疑ってしまいそうです。。

それに、赤ちゃんの亡くなった母親は、その子にとって、母親は一人しかいないのに母親の温もりを知らずに、育つのかなぁと思うと余計に悲しいものですね。


<出産後女性死亡>堀病院側、争う姿勢 損賠訴訟・初弁論
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000031-mai-soci

posted by ちびママ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

芸能界はベビーブームなんでしょうか?めでたいですね。


タレントの中山秀征さんの奥様である元タカラジェンヌのあやか夫人に、第4子となる四男が生まれたそうです。
これはこれは、すごくめでたい話ですね。
でわ詳しい記事は下記の通りです。




芸能界はベビーブーム!中山秀征、四男生まれた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070306-00000074-sph-ent

タレントの中山秀征(39)に、第4子となる四男が生まれたことが5日、分かった。所属事務所によると、妻で元タカラジェンヌのあやか夫人(39)が、2日午後3時2分に出産。

体重は3358グラムで、母子ともに健康。「貴仁(たかひと)」と命名した。

 長男・翔貴(しょうき)君、二男・脩悟(しゅうご)君、三男・敬悟(けいご)君に続き、4人目も男の子を授かった中山は「長男以来、立ち会うことができました。

とても感動いたしました。3本の矢と今までは思っていましたが、中山家は4本の矢で、より折れづらく、男4人でともに力を合わせて、生きていってほしいと思います」と喜びのコメントを寄せた。

posted by ちびママ at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

DA PUMPのKENの奥様無事の御出産おめでとう御座います。

DA PUMPのKENこと奥本健さんの奥様が無事に出産したらしいです。
めでたい話は気分も良いですね。
思わず自分の事の様に嬉しく思います。
でわ詳しいニュース記事は下記の通りです。


DA PUMPのKEN、第一子出産を報告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070305-00000004-oric-ent

昨年7月に9年間の交際を重ねた彼女との結婚を発表していた、人気グループが、妻が第一子を無事に出産したことをオフィシャルサイトで報告した。

 同サイトによると、昨年の入籍発表後に妊娠が発覚し、今年1月の末日に「無事第一子を授かりました」という。

 昨年末にリリースしたニューシングル「Christmas Night」も好調な彼らだが、KENは今回の報告で「これからのDA PUMPとしての活動もより一層努力し歩みを進めていきたいと思っております」と綴っている。
posted by ちびママ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産み分けとは

産み分け(うみわけ)は、男女どちらかの性別の子供を希望する夫婦が、それを実現するための科学的な根拠を持つ技術、またはその技術を用いること。

科学的根拠を有する確実な方法は、体外受精の手法を用いた着床前診断だけであるが、産み分けの目的でこの手法を用いることは日本産科婦人科学会が禁止しているため、日本国内では公然とは行われていない。

その他、流布されている方法は、民間療法に過ぎないことが多い。

一例として、男性が「肉食」中心の献立、女性が「野菜」中心の献立を食べることで、男の子が生まれる可能性が高まる…というもの。
posted by ちびママ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

妊娠中の治療上の注意とは

多くの薬は妊娠中に使用禁止となる。以下に使用禁止な薬を列記する。

* ACE阻害薬
* ニューキノロン
* クロラムフェニコール
* アミノ配糖体
* ST合剤
* テトラサイクリン

こういったことがあるため妊娠高血圧症候群では、一般的な降圧薬は使用しない。

以下に述べるような薬を用いる。

* メチルドーパ:降圧薬
* ヒドララジン:降圧薬
posted by ちびママ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

産後:産褥期

* 回復:子宮が元の大きさに戻るまでには4〜6週間かかる。

産後の出血(悪露)が消失するまで約4週間かかるが、特に合併症などがない限り、絶対安静の必要はなく、無理を強いない(重いものを持つ、長時間立つなど)程度に通常の生活を送ることができる。

労働基準法で、産後の休養期間を6週間(医師の許可と本人の希望があれば職場復帰可能)〜8週間以上与えるよう要求しているのもこのためである。

* マタニティ・ブルー:妊娠初期同様、出産後はホルモン分泌の急激な変化が起こる。具体的には、体内の女性ホルモンが急に減少するので、精神的に不安定になりやすく、周囲の人間の配慮と援助が求められる。
posted by ちびママ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

篠原涼子さんおめでとう御座います。

篠原涼子ついに妊娠か?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070225-00000001-gen-ent

あの視聴率女優がついにオメデタ?

篠原涼子(33)が妊娠したのではないかとウワサになっている。

篠原は05年12月にふた回りも年の離れた市村正親(58)と結婚。その後、何度もオメデタ情報がささやかれては消えていたが、とうとう待望の第1子を授かったというのだ。

現在、篠原はドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ)に出演している。その撮影現場でこんなシーンが目撃されている。

「先日の撮影でのこと、篠原の終了時間に合わせて市村がわざわざスタジオまで迎えにきていたんです。

2人が結婚した当時はマスコミに“略奪婚”や“年の差結婚”などと騒がれた。

だから、これまではほとんどツーショットを披露することはありませんでした。

それが急に人目もはばからず市村が姿を見せたことで、関係者の間では“妊娠中の篠原の体調を気遣って迎えにきているのではないか”と話題になっているのです」(マスコミ関係者)

 篠原は仕事もセーブしはじめている。

3月公開の映画「アンフェア the movie」と「ハケンの品格」以降、スケジュールは白紙になっている。

引っ張りダコのCM出演についても、新たなオファーを断っているという。

これも出産の準備とみられている。

「篠原が産婦人科に通うところを押さえようと写真誌や週刊誌などが水面下で動いているようですが、ガードが堅くてなかなかキャッチできない。

篠原にとっては初めての妊娠だから慎重だし、マスコミの動きにも敏感になっているのかもしれません」(芸能リポーター)

 市村との結婚に猛反対していた篠原の父親は、できるだけ早い時期に子づくりすることを条件に結婚を認めたといわれている。

前妻との間に子供がいなかった市村にとっても、待ちに待った子供だろう。

いずれにしろ、ワイドショーや女性誌が大喜びしそうなネタだ。
posted by ちびママ at 12:20| Comment(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

異常妊娠とは

検査は、胎児心拍数陣痛図では基線細変動が見られなくなる。

これを基線細変動消失と言う。陣痛に同期してやや遅れて胎児の心拍数が低下する。

これを遅発性一過性徐脈と言う。

基線細変動消失や遅発性一過性徐脈が見られた場合は胎児仮死と考える。胎児仮死の場合は急いで分娩を行う必要がある。

急いで分娩を行うことを急速遂娩と言う。

例え肺が出来上がっていない妊娠36週未満であっても急速遂娩を行う。

急速遂娩には帝王切開も含まれる。

posted by ちびママ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう少し増え無いかな・・

子供1人に毎月1万円と言わず、1万5千円位にして欲しいよぉ!
それってダメかなぁ・・・?

<住友生命>子供1人に毎月1万円 女性職員確保狙う
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070301-00000010-mai-bus_all
posted by ちびママ at 13:06| Comment(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

産婦は産婦の不安がある

やっぱ赤ちゃんを産むからには、安心できて設備もしっかりしていて、医師達が責任とって診て産める病院が良いって思う。

最近は産婦人科の病院が満員で産婦(妊婦)を断ったりする場所もいくつかあるみたいだけど、これじゃ心配というか、産むのが不安でお腹の子のこととか気になるもん。

今日の朝刊で下記のニュースを発見しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070228-00000201-mailo-l25

彦根市立病院:産婦人科問題 来月20日以降、分べん取り扱わず−−院長報告 /滋賀

毎日新聞


 ◇「医師1人では危険」−−赤松院長報告

 彦根市立病院(赤松信院長)の産婦人科が、医師1人になる3月20日以降は分べんを取り扱わないことが、27日の「湖東地域医療対策協議会」(会長、松田一義・彦根市助役)の第2回会合で明らかになった。

検討していた院内助産院が医師1人体制では開設できず断念したためで、病院側の見通しの甘さが指摘されそう。【松井圀夫】

 ◇検診や相談、妊婦指導は行う

 赤松院長が報告。産科は医師の体制が整うまで分べんを取り扱わず、里帰り分べんも含めて30週を目途に検診や妊婦指導・相談は行う。

婦人科は外来診療を行うが、病状に応じて他院を紹介する。

産婦人科救急は原則として救急患者は受け付けることが出来ないとしている。

病院側は1月9日の産婦人科体制縮小の説明で、医師1人になった後も院内助産院で分べんに対応する方法を検討するとしていた。

赤松院長は「先進病院を視察したが、医師1人体制での院内助産院は危険が大きいことが分かった」などと説明している。


 助産院については、当初から「医師が足りないという理由で開設すると、何か起こった時、誰も責任を取らず危険」という指摘があった。

それだけに、「見通しが甘いのではないか」との指摘もあるが、赤松院長は「視察や検討の結果、医師1人体制では出来ないことが新たに分かった。見通しの甘さではない」と強調している。

 この日の協議会では、医師の確保に向けた取り組みや緊急時の対応、妊婦の不安解消に向けた取り組みなどが協議されたが、具体的な方針を示すまでには至らなかった。

席上、彦根市は近畿市長会に「医師確保をはじめとする地域医療体制の充実」を提案することを報告した。

http://www.mainichi.co.jp/home.html
posted by ちびママ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出産直前とは

子宮口が柔らかくなってくる。通常、陣痛が起こる前から開きはじめる。

陣痛が起こると、胎児心拍数陣痛図では、陣痛に一致して胎児の心拍数が低下する。

これを早発一過性徐脈と言う。
posted by ちびママ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

妊娠後期とは

(満28週ころ〜)胎児がどんどん大きくなり、子宮も大きくなる、それに伴い、母体への負担が増えていく。

貧血になる妊婦も少なくない。

妊娠高血圧症候群
(妊娠中毒症)が起こりやすいので、注意が必要である。

高血圧、蛋白尿、むくみなど。

子宮外に出ても生存する確率がだんだん高くなる。
posted by ちびママ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

妊娠中期とは

(満13〜27週ごろ)胎動が感じられるようになる。古来、日本では妊娠5ヶ月目の戌の日に「腹帯(ふくたい・はらおび)」をしめはじめた。

普通、つわりもほぼおさまり、安定期。ただし、胎児が子宮外に出てしまうと生存はほとんど困難で、流産となる。(22週以降は生存の可能性がでてくるので早産と呼ばれる)
posted by ちびママ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中に大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。